世界の車情報

MENU

【特集】車売却の一括査定

車を売却する方法として、中古車買取店に持ち込むことで車査定を受けて売却する方法と、ディーラーなどに下取りに出す方法があります。

下取りでは車の販売店が中古車の引き取りを行って、新しく購入する車の代金に充てることになりますが、車の販売店は売ることをメインの業種としているために、下取り価格としてはあまり高くならない傾向があります。
良い車査定を受けるためには、ディーラーなどに下取りに出すのではなくて、中古車買取店の車査定を受けることがおすすめとなります。

買取業者であれば、全国や海外に様々な販売ルートを確立していますので、より高値で売却できるところに流通させることが可能なために、買取時の車査定で良い値段を付けてもらうことが多く高く売ることができます。

海外へ中古車を輸出している買取業者であれば、従来であれば売却が難しいと考えられていた10万kmを超えている走行距離の中古車や、年式が古いものであっても高く売ることが可能になります。

アジアの途上国では日本車は高い評価を受けていますので、中古車のニーズも高くて買取業者はこれらの国々に売却することによって利益を上げることができるために、車査定でも高値を付けて買い取ってもらうことができます。
中古車買取店では、人気のあるカラーや車種のものが良い評価を受けられるので、高く売ることが可能です。
人気のあるカラーや車種のものは需要が高いですので、中古車としてのニーズが高いために高く売ることができます。

また、中古車買取店では業者ごとに特色を持っているところが多く、軽自動車専門店やミニバン、スポーツカー、ファミリーカーなど専門的に取り扱っている業者などがあり、自分の持っている車の特徴を考えて売却先を選択することによって、良い値段で買い取ってもらうことが可能になります。

事故車や廃車であっても専門的に買い取ってくれる業者がありますので、専門的に取り扱っている業者を選ぶことがおすすめです。詳しくは、こちらの「車売却の一括査定」をご覧ください。