世界の車情報

MENU

三菱

ダイヤモンドという意味を持って産まれたミツビシの高級セダン・ディアマンテ。
と、大きく紹介したいところだが、実は今、生産が終わっているのか、次のモデルを考えているのか全て謎に包まれている。

それはさておき、ディアマンテには私の大好きな特徴がある、それがフロントグリル。
普通の車は上か前をむいているのに対してディアマンテは下に向いている。

ミツビシ ディアマンテ


まるで、城の上から民衆を見下ろす皇帝の様に…..,「誰よりも俺は偉いんだ」といわんばかりの挑戦的な態度とまで見える。

ディアマンテ。ミツビシから消滅してほしくない一台だ。


ミツビシの技術、魂を全て注ぎ、最高の車をミツビシで造る。

そんな思いから生み出されたミツビシ史上最高の高級車・ディグニティ。

正確には以前フラッグシップモデルのデボネアの後継車にプラウディアがある。

そのプラウディアをストレッチリムジンタイプにしたのがディグニティ。


ミツビシ ディグニィティ
正式名称…プラウディア・ディグニティ…誇り高き威厳を持つ者(自分なりの訳です)。


日本国内で、最も室内が広く最も大きいビックセダンだ。


あまり、見かける事はないと思うが、もう生産が終了している、プレミアムカー。


【お知らせ】
もし、車の売却をお考えなら「車を売るなら車一括査定ガイド」をご覧ください。複数社に一斉に見積もりを取ることで、車を高値で売る方法について解説しています。